夕張市石炭博物館
2018年4月28日(土) 全面リニューアルオープン

詳細は夕張市石炭博物館ホームページをご覧ください。

夕張市石炭博物館ホームページ

夕張市石炭博物館

日本の近代化を支えた
夕張市の石炭産業

最盛期には数多くの人々がここで暮らしていました。

 

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider

2017年夕張市石炭博物館は改修工事を行います。現在、博物館は市民とともに彼らの記憶や証言を伝えていくために活動しています。模擬坑道はすでに改修工事を終えているので見学することができます。博物館は2018年の春に改修工事を終えて再オープンする予定です。それまで楽しみにお待ちください。

模擬坑道の営業についてはこちらをご覧ください。

https://www.city.yubari.lg.jp/shisetsuannai/bunkakyoiku/sekitanhakubutsukan/sekitanhakubutsukan.html

夕張市石炭博物館が目指す新たな姿

  1. 地域で支え、関わり、学ぶ場としての博物館
  2. 地域の記憶を補完する博物館
  3. 変化し続ける博物館

夕張市石炭博物館は1980年に開館しました。この博物館は国内最大級の石炭の博物館です。炭鉱についての様々な収蔵品や展示があり、特に模擬坑道は日本で唯一誰でも見学できる炭鉱坑道です。しかし博物館は長い間観光施設として位置づけられ、展示の更新などもほとんど行われてきませんでした。博物館として機能してこなかったため、市民の人とは縁遠い施設となってしまいました。これまでの夕張の歩みを伝え残していく博物館となるためには、この博物館は市民とともに歩む施設に変わらなければなりません。市民とともに作り上げていく博物館として、わたしたちはこの施設を再生させます。


夕張市石炭博物館
〒068-0401 北海道夕張市高松7-1